FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--





あつは なついなー



スポンサーサイト
テーマ : デュエルマスターズ    ジャンル : ゲーム
 2015_08_11




最近赤緑サソリスとか口で言うのがめんどくさいんでプレイヤーの名前をデッキに付けるのが自分の流行りです
(例:黒単ヘルボロフ→dottoスペシャル)


テーマ : デュエルマスターズ    ジャンル : ゲーム
 2015_03_30




まぁ権利戦レポみたいなのですが。。。


テーマ : デュエルマスターズ    ジャンル : ゲーム
 2014_10_05



レポはまた後日。



テーマ : デュエルマスターズ    ジャンル : ゲーム
 2014_03_24




タイトル詐欺してブリックスでの使用デッキでも解説します。

『第四回ブリックス使用黒型ターボカツキングMAX』
第四回ブリックス使用黒型ターボカツキングMAX
4 x フェアリー・ライフ
3 x ピクシー・ライフ
1 x セブンス・タワー
1 x 再誕の社
2 x ガチンコ・ルーレット
4 x ドンドン吸い込むナウ
1 x 伝説の秘法 超動
1 x ノーブル・エンフォーサー
2 x 超次元エナジー・ホール
2 x 腐敗無頼トリプルマウス
2 x サイバー・N・ワールド
1 x ガチンコ・ジョーカー
1 x 蒼狼の始祖アマテラス
1 x 威牙の幻ハンゾウ
2 x ロスト・ソウル
1 x ボルバルザーク・エクス
2 x 永遠のリュウセイ・カイザー
2 x 無敵剣 カツキングMAX
3 x 偽りの王 ヴィルヘルム
1 x 轟火シシガミグレンオー
1 x 勝利宣言 鬼丸「覇」
1 x 「祝」の頂 ウェディング
1 x 「修羅」の頂 VAN・ベートーベン
2 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
1 x アルプスの使徒メリーアン/豪遊!セイント・シャン・メリー
1 x サンダー・ティーガー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
2 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック


いわゆる黒型ビッグマナってやつです。
使用経緯は現環境シューゲイザーの増加により、それを狩り殺せるデッキタイプ+シューゲイザーを同時に見れるのがこのタイプのビッグマナだったため握るに至ったという単純な動機です。
以下対環境デッキタイプの解説です。

【速攻】
黒緑速にはノーブルorシシガミ抱え込みで有利に持っていけます。赤単はノーブル乗り越えられる打点形成が容易なので如何に盤面を捌きつつ流星を張れるかが焦点になります。赤単はデッキタイプ的にそこまでのパワーはないのですが、現環境はメタが広がりすぎていてピンメタを強いてくる速攻系統に回すパーツを殆ど切る傾向にあります。そのため複数積まずとも良くパワー制限で抑え込めるシシガミやノーブルを意に介さない赤単は速攻対策をメタった速攻と言える位置にあると思われます。とにかく最速マンマショックを速攻で返さないと負けが確定すると思っておいて下さい。

【シューゲイザー】
小型のケアはノーブルで殆ど解決します。特にアシッドを取っている型だとプリン自壊以外はアシッドを特攻させるくらいしか選択肢を無くす事が出来るので優位に戦いを進められるでしょう。シューゲイザーは4、5マナ圏で妨害を挟みそこでハンドが少なくなるため必然的に強いパーツがハンドに残るデッキタイプなので、妨害一度だけならこちらの妨害カードを上手く挟むことでグッと楽になります。負けパターンは最速ジェニーの後にマウスを投げられる事ですね。ジェニーに対して流星を見せるとハンド量によってはマウスを躊躇させる事が出来る可能性はあるので出しても握っても強い流星がキーカードになります。大型ハンデスで相手のシューゲイザーをマナ落ち合わせて数枚引っこ抜けると相手のデッキパワーはガタ落ちします。後はカツキングMAXからコントロールするだけです。

【アシッド】
辛いです。解体の後に飛んでくるホールが何であれアシッドorジャスティスからの展開にこちらは為す術もありません。最速エナジーホールからのパンツァーor勝利流星での遅延、ドロー加速からの妨害パーツ引き込みかマウスでアシッドかジャスティスを抜かない限り勝機を見出すことは難しいです。マナレースに勝利し、かつ円滑にロストソウルやガチンコジョーカーを打てれば頑張れるでしょう。

【iFX】
iFXは勝ち筋がエクストラウィンになったアシッドとでも捉えておいて下さい。致死打点を形成される速度とEXwinが成立する速度は殆ど変わりません。ただNやハンデスで遅延できる可能性がある分まだ組みしやすい相手とも言えます。ただパクリオ二発目が飛んできた時点で負けを覚悟してください。パクリオを耐えられるのは速度的にも一度だけと考えておきましょう。

【ヒラメキスネーク】
ほぼ勝ち目がありません。勝ち筋はベルリンを張られずに二連ブーストからのハンデスですがそれよりも先に相手のコンボが八割方成立するためどうしようもないでしょう。ロストマインドにすればケア出来る確率は上がりますがロストマインドはブーストを一度だけするデッキや、ドロマーのピーピングハンデス枠の様な少し遅いデッキの方が相性が良く、強力なカードを超スピードで使いこなすことを求められるビッグマナとは相性が良くないです。ケアするならターンが返ってくる前提での温泉湯あたり地獄の様な細い線が速攻を見れる分考慮余地があるでしょう。

【ドロマー】
魔天型ならパンツァーとN、そして流星のハンド維持で五分に近い所まで持っていく事が出来ます。特にNさえ打てれば相手は2打点のケアとハンドのケアを同時にこなさなければならず、更にこちらの大型ハンデスを念頭に入れたプレイングをしなければならないのでかなり険しいと思われます。ザビミラ型はハンデスがパクリオに変換されている可能性が高く、Nを打とうともパワーカードが帰ってこない可能性が多々あります。ただ基本的には戦い方は変わりません。その代わりNを挟んだ後の頓死確率はハンドのケアをピーピングで行いつつザビミラに繋ぐ分無駄がないので上がっています。1~2割ほどザビミラ型の方が険しいです。N三投はやはりドロマーに対して強気に出られるアイデンティティですので考慮したいところですね。

【キューブ】
最速ガレットで無い限り一度だけ訪れるであろう踏み倒しを乗り越えれば妨害がないキューブならこちらのハンデスで大きく減速するのでそこからゼニスを降臨させて一気に勝ちをもぎ取れます。基本的に楽な部類です。

【墓地ソース】
警戒すべきはガネージャーで、こいつが降臨するか否かで大きく変わります。ガネがいなければファイア警戒しつつノーブルorシシガミで完全にケアが可能です。GTが出てくると強力な打点と引き換えに展開、回収手段を失うのでおかしな話ですが如何にGTを出させて維持しながら捌けるかが重要になるでしょう。そこまで辛い相手ではありません。盤面をケアしてからの大型ハンデスは墓地ソースと言えども黙らせられる事が容易です。


握った結果ですが、まぁ事故事故事故緑引けませんでした。言い訳臭いですがそれが全てです。
ただ構築は強いと思いますし、結果には満足してませんが覇が2枚ないという自分の資産面除けば及第点だと思われます。黒型は他のビッグマナと違い中盤で取れる選択肢が非常に多く楽しいデッキタイプだと思うので是非試してみてください。


かしこかしこまりましたかしこ。
メリークリスマス!

 2013_12_25




03  « 2019_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ハメどる

プロフィール

剣崎湊

Author:剣崎湊
デュエルマスターズをやってるふりをしています。

https://twitter.com/Kenzaki__Makoto

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。