FC2ブログ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


vault大会をぼーるっと眺める

Category: DM  


情報を黒木氏速報よりお借りしています。

なんかペンデュラム召喚やらがアンロックやら世間を賑わす出来事が続いていますがそんな事を気にせず新殿堂に対応したvault環境を見ていきたいと思います。

パッと見シューゲイザーの活躍が目覚ましいですね。殿堂で全く打撃を受けなかった事もありますし、打撃を受けたデッキが自分の苦手とするデッキばかりだったというのも追い風でしょうか。ただ母数の多さで結果を残しているともとれるので、もう少し環境が進んできた時に真価が分かるといった感じでしょうか。

黒緑速攻は上記のシューゲイザーに対してそこそこ有利なデッキタイプですが結果が芳しくないですね。母数もそこそこなのになんでだろーって話ですが、これは今のデッキタイプに殴ってくるデッキが増えたためです。前環境はドロマー超次元、iFXといったコントロールの対策の為にビートダウンへの対策を最低限にしていた傾向がありますが、この環境の今の主流がシューゲイザー、墓地ソース、黒緑速攻へと移り変わり、コントロールカラーであるドロマーも次元からイエスへとシフトしている節が見られるので、防御面を厚くする必要が出てきました。メタ張りは環境最大手からしていくのが基本なのでシューゲイザーをまず見るのですが、パワー低下、全体火力といったシューゲイザーが苦手な要素が殆ど黒緑速攻にも刺さってしまうので、ついでにメタられた恰好となった模様です。

墓地ソースですがモールスという強力な回収札を失った代わりに相性が悪かったiFXが環境から消えてブラスターも弱体化、飛躍するかと思われましたが取れないデッキがシューゲイザーと似通っていた結果シューゲイザーとの生存競争に負けていくような立ち回りに。しかもiFX、ブラスターが消えたせいでドロマーが衰退、メタビートのサガというかなんというか取れるデッキが消えたせいでついでに弱体化してしまう感じに。ただこれを直接的に受けたのはドロマーであって、墓地は間接的にこの打撃を喰らっただけなのでまだまだ現役選手なのは間違いないです。あとスクランブル型とガネ型みたいな両タイプがありますが私がいま注目しているのは四月発売の恋が咲くころ桜どきですね。まぁぱれっと+和泉つばすというましろ色シンフォニーでおなじみのタッグですが、注目すべきはやはりライターのみなせ未来さんがおるごぅるさんの別名義なのかということと、今回の攻略できない枠であるティナが乾紗凪の様になってしまうのか!ということですね。ぱれっとはましろ色の失敗である非攻略ヒロインであった赤を今回神鳳杏というヒロインに抜擢、約束された勝利の赤とネットで騒がれていましたが、私とセキボンさんがヒロインを全体的に見た所やはりティナ一強だったんですよ!ぱれっとの戦略勝ちになるか、それともジンクス発動となるか温かく見守っていきましょう!

スポンサーサイト

テーマ : デュエルマスターズ    ジャンル : ゲーム
 2014_02_23


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


12  « 2019_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ハメどる

プロフィール

剣崎湊

Author:剣崎湊
デュエルマスターズをやってるふりをしています。

https://twitter.com/Kenzaki__Makoto

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。