FC2ブログ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


第三回ブリックスCSを振り返って

Category: DM  


第三回ブリックスCS団体戦にて準優勝出来ました。正直横二人が有名DMPなので助けられた感がとてもあるのですが、まぁその事も踏まえて解説していきたいなぁと思います。お付き合いくださいね。

【デッキチョイスとチームメンバー】
チームメンバーですが雷鳴神、夏っちゃんがあと一人募集をかけていたところに私がすべり込ませて貰った形になりました。雷鳴神はvaultの数字ランカーで、ベイビーバース型の墓地ソースで一躍有名になったプレイヤーです。彼曰くこの大会で墓地ソースを握りたいとの事。夏っちゃんは余り詳しくは知らなかったのですがチーム会議でブラスターが一人欲しいねと話し合っていた時に、ブリックス前に行われた富山CSの方でブラスターを握り見事優勝しました。夏っちゃんが余勢を駆ってブラスター、雷鳴神が握り慣れている墓地ソースをチョイスした辺りで、私の考えた事は自分の役割をどこに見出すか、ということでそれにより自分のデッキチョイスは変わるだろうなとも踏んでいました。

まず参考にしたのはブリックス前のCSの結果で富山がブラスター、大阪が黒緑速攻と黒緑アシッドが結果を残した事に注目しました。デュエルマスターズが盾を五枚割って相手を殴るというのが一番分かりやすい勝ち方であるゲームである以上、その割られる部分を固くしてしまうブラスターと速度で圧倒してしまう黒緑速攻、テンポを握って展開してフィニッシュする黒緑アシッドの三タイプはデッキのジャンルは違うものの、盾に対する駆け引きを主とする観点から見ると余り変わらないのではないか、という風に捉えました。そしてこの三タイプの内どれがブリックスでも流行るか、と言われれば一発踏めば崩壊するアシッド、速攻よりも踏ませれば勝ちを見出せるブラスターが結果を残したタイプでは引き続きブリックスでも握る人が多いのではないかという結論に達しました。

次に流行るデッキを予想した以上、それを駆逐しに来るデッキとまたそれを喰おうとするデッキを考えるのですが、単純に考えてブラスターに勝ちにいくのならドロマー系統が出張ってきます。そしてドロマーを喰うのには墓地ソースが・・・という図式になるですが、墓地ソースはブリックス前に結果を残したデッキタイプ相手に盤石とは言い難いデッキタイプだと思うので墓地ソースへの思考は完全に切り捨て、直近に結果を残したデッキタイプ二種に取れるドロマーに焦点を当てることにしました。

しかしドロマーは色々な型があり魔天降臨を主軸にした型、クイーン・アルカディアスで呪文メインの相手を行動不能にするロック型、デュエルマスターズやる気ないですと言わんばかりに山札を執拗に削るザビ・ミラ型等色々な型があります。ドロマーを考えてドロマーが増えると予想した以上同系戦を考慮する必要があり、ここを一番悩みました。

魔天型は最近のドロマーのスタンダードといった形で、ブラスター系統に対して大いに優位が付き、魔天降臨がトリガーな事もあり速攻耐性が多少なりともありますが、同型に対しての決め手に欠く傾向にあります。

クイーン型は同型の超次元呪文以外にもドンドン吸い込むナウ、ポジトロン・サイン等の単色優良トリガーや爆進イントゥ・ザ・ワイルドといった強力なマナブーストを見れるのですが、クリーチャーに対して無力なのと同型の超次元ガード・ホールや採用率が高まってきた天界の神罰を防げず、本来見なければいけないブラスターにも支配のオラクルジュエルや無法のレイジクリスタルの二枚看板が出現した事により苦戦を強いられると判断しました。後クイーンの進化元が多色であり、筆頭候補の墓守の鐘ベルリンや魔光騎聖ブラッディシャドウを多く積むことを強いられ固くはなるのですが同時に多色事故の遠因になりかねないので見送る事にしました。

ザビ・ミラ型は構築を寄せない限りヴォルグ・サンダーのデッキ破壊を止めるカードが少なく同系ではキクチ師範代がいるものの勝利のガイアール・カイザーの射程圏内、復活の祈祷師ザビ・ミラの効果起動がメインとなるので同系戦のキモである虚構の影バトウ・ショルダーを回避しながら致命的なダメージを与える事が出来るのが強烈です。ただしザビ・ミラ起動には8マナかかるので魔天降臨の様な即効性がなく、そのラグで捲られて勝負を落とすという最大の弱点がありますが、同系戦では間違いなく最強のデッキタイプだと思うので最終的にはドロマーザビミラを選択しました。(使い慣れてますしね。)

デッキチョイスが終わったところで最初に考えていた自分の役割、という所に戻ってくるのですがこれは自分の取らなければいけない相手がどこに来るのかということですね。予選で勝ち数を稼いで本選進出の原動力となるか、予選は他の人頼みで負けないように努め、本選で確実に勝つか・・・といった感じです。勿論予選本選も全勝すれば言う事ないのですが今の環境は混沌としており正直私には全勝する力も環境読み能力も構築力もないと自認していたので、本当にチームメイトには申し訳なかったのですが私は環境が固まるであろう本選を必ず勝っていく役割でいこうと決めました。
これには理由があり、雷鳴神の墓地ソース、夏っちゃんのブラスターはトリガーの防御性能やメインウェポンである暴走龍5000GTといったカードが中堅、地雷所を死滅させられるカードであり、環境を読むのが分かり辛い予選卓では一定以上の実力が発揮されるタイプだと感じました。しかし墓地ソースは超次元コントロール以外には安定とは言えず、またブラスターは現環境メタ候補筆頭なので本選では勝ちにくいデッキタイプだと思います。なので予選は私が取れなくても突破できると踏み、本選での苦戦を私がほぼ確実に取る事で上に行こうという判断をしました。本選は環境がドロマーが取りやすいデッキで固まると予想し、また同系戦には非常に自信があったので大丈夫だと言い聞かせました。この予想が外れてもそれはドロマーが取り辛いデッキばかり上がったという事は二人が取りやすい環境だと思ったので、まぁ私が戦犯になる以外問題なかったのではないでしょうかw

【使用デッキと結果】

1【光牙忍ハヤブサマル】
1【魔光王機デ・バウラ伯】

2【セブ・コアクマン】
3【パクリオ】
1【スパイラル・ゲート】
4【エナジー・ライト】
1【コアクアンのおつかい】

4【特攻人形ジェニー】
2【虚構の影バトウ・ショルダー】
3【復活の祈祷師ザビ・ミラ】
3【マインド・リセット】
1【ゴースト・タッチ】
3【超次元ミカド・ホール】
2【超次元リバイヴ・ホール】

2【墓守の鐘 ベルリン】
2【ミスター・アクア】
1【天界の神罰】
1【魂と記憶の盾】
1【天使と悪魔の墳墓】
2【超次元ガード・ホール】


3【ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー】
1【勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン】
1【勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン】
1【時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート】
1【時空の封殺ディアスZ/殲滅の覚醒者ディアボロスZ】
1【勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン】

予選1-2の本選3-0です
負けたデッキタイプはブラスターと黒赤緑アシッドで、初手事故の類なのでまぁ納得はいっています。
雷鳴神は予選3-0、本選2-1
夏っちゃんは予選2-1の本選1-2だったと思うので大体私が考えていた事は合っていた・・・のかな?

勝ったタイプは黒緑アシッド二回と同型一回、キャロルマンモスに一回です。マンモスに取れたのは大きい。

デッキの解説ですがvaultで剣崎式ドロマーザビミラ改でも見てくれれば分かるんじゃないかなって思っています。
キクチ師範代入れるとブラスターに取りやすくなるよ、でも私はブサイクだからいれないよってだけ言いたいです。マイリセ3はこの弱点を和らげるためのチョイス。まぁ普通はタッチ安定です。
プリンプリンが入ったことによりミラ独尊ルートが出来たのは割と強いです。パクリオのデメリットを打ち消してくれます。まぁ大体LOで決めるので関係ないですけどね。墓地ソースに7厘位チャンスが出来たんじゃないですか?
セブコ3でなくおつかい1にセブコを振っているのは3tのドローの方が個人的に強かっただけです。正確には4tのパクリオが強烈でした。
ガードホールは強いのか弱いのか分からんカードですが、このカラーでの強そうな除去がこれしかありませんでした。ハンデスに振っても良かったんですが色と除去れなくて負けは悲しいものがあるので・・・。でも正解は墳墓に1振るべきだったのかな。
リバイヴホールがもう1欲しい場面多過ぎでしたね。ここが最大の反省点だと思います。猛省。
切ったデッキタイプは速攻と墓地ソです。いないと思ってました。でもいたみたいです。dottoさんが予選で駆逐してくれました。あと将輝星さんは墓地ソでした。ひえー。

ミラはドロマーでパクリオを最大限に活かせるデッキだと思います。是非使ってみてください。パクリオ4投もアリ!


最後になりましたが、このどこにメタ読みの焦点を置くか、それにより握るデッキをチョイスするかという考え方は殆どみさいるずさんの考え方に影響されてこのブリックスCSで使用させて頂きました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

スポンサーサイト

テーマ : デュエルマスターズ    ジャンル : ゲーム
 2013_09_25


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


03  « 2019_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ハメどる

プロフィール

剣崎湊

Author:剣崎湊
デュエルマスターズをやってるふりをしています。

https://twitter.com/Kenzaki__Makoto

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。