FC2ブログ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


メタカードは燃やせ

Category: DM  


燃やす○る





 
※いつも以上に適当です。

○概要
 イエスというデッキタイプがあります。前環境まではメタビート(まぁイエスはメタコントロールなのかもですが)の立ち位置を墓地ソースに取られてしまい思うように活躍出来なかったデッキなのですがこの度キューブリックの殿堂を受けて除去力とルーターの価値を間接的に奪われた墓地ソースからメタ系デッキの座を奪い返した形となり環境に舞い戻ってきました。最近の結果だとのじぎくCSの個人Aグループ優勝者であるTimberさんの白黒イエスが記憶に新しいと思われます。

 イエスというデッキは様々なデッキに対応する為に各種メタカードが搭載されています。しかしメタカードの多くは序盤に貼らねば意味をなさず、ここの枚数調整やどのメタカードをチョイスするかがイエス使いの悩みどころであり、またイエス以外を使うプレイヤーはこのメタを完全に回避できるデッキもしくはメタカードを出された時の返し札のチョイスに苦心させられることだろうと思います。

 個人的な話になるのですが私は環境が変わる時まずイエスを触る事にしています。殆どのデッキタイプに無条件で刺さるハンデスをよく触る自分にとってイエスの動きは緩慢で必須パーツを引けないと途端にデッキパワーが落ちてしまう事は好きではないのですが、それでもなぜ握るかと言われるとイエスは環境読みの勉強になるからなんですね。少なくとも私は勝手にそう思っています。

 前環境墓地のせいでイエスは淘汰されていたと前述しましたがそれは一面的な見方であって本当の所は環境が広がりすぎてイエスがメタりきれていなかったのではないでしょうか。前環境のデッキタイプを見ると二種類の墓地ソースとシューゲイザー、キューブ、ヒラメキスネーク、黒緑速攻、ドロマー超次元、各種ビッグマナ、黒緑アシッドetc・・・と今の環境と比べて多種多様なデッキタイプが環境に存在していました。当り運が全てを分けるとまで揶揄された環境ですがイエス側としてはそれは非常に困るわけです。ハンデスではなくシステムクリーチャーでテンポアドバンテージを取るイエスは採用しているメタカードが刺さらない相手に当った時そのメタカードがバニラに変貌する事を意味します。それを差し引いても中核である至宝オール・イエスはバニラに大いなる力を与え、超次元呪文等の力を結集しさも互角以上の勝負を繰り広げられるように見せられる訳ですが、本来メタカードを貼る事で楽して勝てる戦いを遠回りで勝つか負けるかの戦いを強いられるのはイエス側は不本意なのではないでしょうか。当り運環境なのでメタカードが刺さるかどうか、刺さる相手にもそのメタカード引けるかどうか、刺さらない相手にはイエスを引けるかどうか、環境が広いとイエスの戦術は瓦解していると言えるでしょう。

 しかし今の環境は違います。前環境と比べて色々なデッキが消滅、弱体化しました。それによりイエス側のメタカードの採択が容易かつ刺さりやすくなったと言えるでしょう。イエスを研究する事で環境にどのようなメタカードが刺さりやすいのか、どのようなデッキが勝ちやすいのかが分かり、またイエスのメタカードに対してどのような札が効果的であるのかが理解できるようになるでしょう。イエスが環境をメタりきれない時、それは環境が広い証拠です。イエスを握る事で環境読みの目を養っていきましょう。前置きが長くなりましたね。すみません。


○メタカード
 ここからは2~3cラインのメタカードを見てみましょう。これらを分析する事が環境読みの近道になるかもしれません(知らんけど

■墓守の鐘ベルリン P3000 イエス込みP7000 ブロッカー
ハンデスメタです。解体人形ジェニーや黒単やドロマーの執拗なランダムハンデスをこれ一枚でシャットアウトできる性能は非常に強烈ですね。呪文に選ばれず場持ちもいい。最大の特徴はイエス込みでグレンモルトと相討ちを取れるパワー3000を持つところです。相手プレイヤーを殴る事が出来ない欠点を抱えてはいますが様々なデッキタイプの妨害が出来るカードでしょう。バインドシャドウがいなければ速攻対策にもなります。

■瞬封の使徒サグラダ・ファミリア P1500 イエス込みP5500
殴らなければ効果を発揮しませんが、グレンモルト警戒で固いデッキが増えてきている今輝くときもあるのかもしれません。ただイエスは状況をコントロールすること自体には長けているのでこのカードでトリガーを封殺するのではなくトリガーを踏んでも問題ない盤面を作る事を意識した構築にする方がいいかもしれません。

■停滞の影タイム・トリッパー P1000 イエス込みP5000
どんなデッキにもマナタップインは刺さります。ブーストが無いデッキには尚更です。しかし後半出来る事が増えているときにこのカードを出しても効果的でない場合が殆どです。最速で出したいカードなので採用するなら複数枚取らなければならないカードですが枚数を増やすと後半の腐り札が増えるジレンマを抱えたカードですが腐ってもクリーチャーなので殴り手として割り切るのもいいでしょう。

■虚構の影バトウ・ショルダー P2000 イエス込みP6000
メタカードではあるのですが他のカード群が殆ど序盤に引く事を強いられているのに対し中盤から終盤重く相手に圧し掛かってくるカードです。序盤に引いてもイエス込みでガネージャーと相討ちを取るラインなのと今の環境の初動エンジンを呪文に頼っているデッキは多いので予想外に刺さってくれる事があります。また呪文は様々なデッキに取られるのでメタカードの汎用性としてはかなり高い部類に入るでしょう。しかし、やはり序盤に出して強いカード群と比較すると機先を制する事に関しては一歩譲る立ち位置にあるとも言えます。

■巡霊者メスタポ P1000 イエス込みP5000
かなりピンポイントなカードですが、環境が狭まった+デッキを見る事を行うデッキタイプが増えた事が追い風になっています。ドンドン吸い込むナウを筆頭にフェアリー・シャワー、最近ではギガホーン等もこのカードに引っかかります。後述するキクチカレイコと合わせるとビッグマナを完封する事もしばしばあります。さらに今は除去が破壊メインになってきているのでこのカードのモヤシ効果が地味に嫌らしかったりします。ただしいくら強力と言えどもデッキを見る行為を行わなければ腐りに腐るのでしっかり環境を見て採用していきたいところです。

■デュエマの鬼!キクチ師範代
 禁術のカルマ カレイコ     P3000 イエス込みP7000
御存じキューブとビッグマナキラーです。とにかく山札から手札以外にカードを移動させるアクションを封殺する範囲は広いというよりコンセプト否定に近いものがあり、鬼丸覇等を失った代わりにスペルサイクリカを手に入れ大暴れするキューブが環境にいる以上抜いてしまうのは怖いものがあります。効果だけ見ればピンメタに近いものがあるのですがパワー3000はイエスによって大いに今の環境スペックを引きだされるラインで、前環境までイエスを食い物にしていた墓地ソースのホネンビーを封殺しながらガネージャーを迎撃したり、グレンモルトと相討ちを取ったりと八面六臂の活躍をする様はイエスの根幹をなしていると言っても過言ではないのでは。3000というラインがイエスにおいて一種のメタラインになっている事を体現するカードだと思います。

■ミラー怪人ドテラバラ P3000 イエス込みP7000
新規参入した鏡サイクルの黒で、相手が呪文を打つ事でランダムハンデスを行います。このカードの理論的な強さは美墨なぎささんのキントレスキーの墓場の記事鏡よ鏡を読んでみてください。このカードの効果自体はベルリンで悪用されたり、そもそも呪文を打たない事で回避できるのですが前者のデッキタイプにはそもそも出さなければいいことですし、後者は呪文を打たないというアクションを取らせる事に意義があります。最善手が呪文打つ事なのにハンドを切られる事を嫌って次善の策、もしくはノーアクションを取った場合それだけで遅延という目的を達成しているのですから目に見えない部分での拘束力はかなり高いのではないのでしょうか。先ほど重要と主張したパワー3000ラインも有しており、バトウショルダーと同じく呪文という殆どのデッキに採用されているシステムに触るクリーチャーなのでこれからの注目が期待されるクリーチャーですね。


 さて、いかがだったでしょうか。色々なクリーチャーを主観を交えてピックアップしてみました。イエスを使う方は環境に合っているなと思うクリーチャーを採用し、イエスに逆襲しようと思う方は横のパワーラインに注目して下さい。例えばキューブの序盤の除去はミサイル・バーストGですがこれの除去範囲は最大6000です。つまり最速イエスキクチイエスクロスとされた場合キューブ側が事故るとキクチ一体にバカスカ殴られて沈没してしまいます。まぁこんな状況は稀なんで議論する価値があるかどうかは不明ですが、メタカードを貼られた場合どかす手段を考える時にパワーラインの把握は重要なので、どのクリーチャーをどかすか、どのような形でどかすか、イエス含めたパワーを考慮するか・・・etcと様々な状況を想定して対抗策を考える事が重要なのです。


○最後に
 長いこと冗長に書いてしまいましたが、イエスを見る事で色々な部分が見えてくる事があるんだなぁと思って頂けると幸いです。特に今は恋が咲くころ桜どきが発売され、様々なキャラクターを攻略する事に力を入れているのですがパッとやってみた感じ月嶋夕莉一強ですね。美桜は天然なので好みじゃないし、こなみと杏はなんかあざといんですよね。まぁまだ全然触れてないので手のひらを返すかもしれないです。あとOP流れてから五秒後にOPが流れるのはバグなのかなって思ったりしてます。とりあえず和泉つばすさんの絵はかわいいですね。2013年は不作の年だったので2014年のこれからに期待しています。


スポンサーサイト
テーマ : デュエルマスターズ    ジャンル : ゲーム
 2014_06_29


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


12  « 2019_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ハメどる

プロフィール

剣崎湊

Author:剣崎湊
デュエルマスターズをやってるふりをしています。

https://twitter.com/Kenzaki__Makoto

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。