FC2ブログ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


夏の二連戦の総括

Category: DM  


岡山とおやつ関西の振り返り
チームメンバーの敬称を省いています。組んで下さった方々すみません。




 

今回二連戦を同じデッキタイプ、ほぼ同じ構築で戦い抜きました。
上位に進む事は出来ませんでしたが両CS共に予選を抜ける事が出来ました。
ただこれはチームメンバーの突出したパワーによる所が大きく、岡山ではdotto、おやつ関西ではみさいるずが奮戦し、それをあと二人が支えるパターンとなっていたので余り正確な事を書いている記事ではないかもしれません。
ご了承ください。


○準備
岡山→関西と参加するにあたって岡山でのメタ読みがそのまま関西で通用すると仮定。
私はメタ読みがそこまで上手くなく余程勝てない環境でない限り使いたいデッキを使うタイプの人間なので、岡山でのチームメンバーがdotto、fogionと自身を圧倒する見識を持つメンバーに恵まれた事を武器にして対環境デッキへのプレイングの充足と新デッキの開発に着手していました。
新デッキが強い、というのは語弊があるかもしれませんが今回おやつ九州で優勝という結果を残した美墨なぎささんのツイートを引用しますと

地雷系統なんてCS等のデカイ大会故の握らないだろうって考えとおやつの1本勝負って初見殺し性を増長する枠につけ込んで握ってるのに決まってる。だからこそ大きな大会では強いし、それを理解・覚悟してる人は握る

とまぁこういうことで、環境が固まりづらく各デッキタイプへのプレイングを確立している人も少ないと思い、自分の方針を決めていきました。
関西ではみさいるずがDMを殆どやっていないものの彼の環境を見る目は関西圏でも突出しており、引きもトップクラス。セキボンは北海道からのCSラッシュを経験しているのでまぁなんとかなるだろうとタカをくくっていたのはあります。
なんだかずいぶん人任せな準備ですね・・・w


○考察と選択

■岡山
岡山はおやつ九州の後ということもあり、初見殺し性のあるデッキまたは元々のダイアグラムをひっくり返すような変則的なデッキタイプが強いのではないかとチーム内で相談していたと思います。
その中でも墓地→モルト→ビッグ→墓地の環境サイクルに注目し、各デッキタイプが苦手なデッキタイプに取れるようになる条件を洗い出しました。
一部分ですが、ザッと書いてしまうと

【墓地】
ジャンケンに勝つ、最速ヒビキorタイム・トリッパー要求、最速ガネージャー要求、永遠のリュウセイカイザーの除去方法
【モルト】
アシッドによるGTラインに引っかからない選ばれないブロッカー、エンターテイナーによる踏み倒し、クロックの一打点ケア
【ビッグ】
シノビ、トリガーによる防御ラインの生成。対弾丸リュウセイへのプレイングの確立

とこの様になるのではないでしょうか。
そして、この洗い出した部分を実現する要求値及び構築、プレイの難しさを更に追求していくと

【墓地】
ジャンケン勝利で既に五割、必須パーツがガネ、進化元1、メタクリ、タップイン無し
【モルト】
7マナ圏のフィニッシャー採用による手札維持の難しさ及び弾丸リュウセイの能動的な使いづらさ
【ビッグ】
シノビ、トリガーを厚くする事による同型戦への勝率の低下

となり墓地は不利が付くデッキタイプに分の悪い運ゲーを強いられ、モルトは墓地に対抗しようとすると構築を歪ませられ、ビッグに対しての有効札を採用しづらくなり勝率が不安定になる。
となるとビッグマナのみが殆どダイアグラムを歪ませることなく無理な構築をする必要が無い事が窺えます。
特にビッグマナがモルトを見る時のカードがモルトのみならず対ビート全般に刺さるという部分が強力です。
岡山でのチームメンバー二人はここに着目して受けの強い白、そして出れば勝ちという盤面を作り出せる刃鬼を核に白刃鬼を握りました。

私はグレンモルトに着目し、不毛である同型戦を他に対する勝率を落とさずに制する構築を目指しました。
おやつ九州で地雷である赤黒モルトが結果を残した事もあり、初見殺し性と環境に耐えうる力を残す事を両立させ出し抜く構築を二人と考えました。

■関西
関西ではある程度環境が固まっている時期でした。
CSラッシュで墓地が結果を残した事によりそれに優位が付くビッグと本来不利が付くであろうモルトがアシッドモルトへと変化、墓地が駆逐される恰好へとなりました。
アシッドモルトは構築上7マナで戦う事を強いられるので弾丸リュウセイを積極的に採りづらく、赤マナが減る事でモルトを有効的に使う事が出来ずビッグに対し不覚を取る事が多かったので、この時点で受けが固い白刃鬼が事実上の環境トップとなっていたと思っていいでしょう。

みさいるずはそれを受けて黒型のビッグ、彼はデッキが無いので私の黒戦慄をそのまま握りました。
セキボンは白刃鬼を愚直に握り続け、結果が付いてこず参ってしまったようでマーシャルループを選択。
私は三択で迷っていました。数日前にあばばばさんから貰って改良した黒単が通説を覆すデッキパワーを発揮した事、白刃鬼がトップに立った事によりそれをメタりにくるであろうデッキに強く出られる黒緑速攻、そして岡山でも握ったデアリ墓地モルトです。
割とチームメンバーが局所的なデッキを握っている事もあり、安定性を取って墓地モルトを選択しました。


○結果
最終的な勝敗数は6-7です。
以下簡易レポートを残しておきます。

■岡山
一回戦:黒単
対ハンデスは構築段階で容易にメタれている為殆ど負けません。
ホネンビー、クロスファイア、GT全てが突き刺さりました。
二回戦:4cデス・マリッジ
ガードホールからDDZで危なかったのですが盤面を捌く事を優先したようでサンダーティーガーが出現、返しファイアモルト龍解後GTで勝ち。
三回戦:墓地
黒ろん君です。こちら後攻でブーストがなく相手はアツトトリッパーガネ。
この時点で負けは決まったようなものですがSBオチャッピィからホネンビーモルトで粘る。
盾0なのでファイアが飛んでこれば負けという盤面でデスゲケアしたパンチの盾からファイアが入り負け。
自然にデスゲが入っていたみたいでファイアが無くとも負けでした。
四回戦:天門
後攻事故からなんとか龍解を狙うものの魔天→天門と踏み、圧敗。
五回戦:キューブ
ヒロ君です。ミラクル2ブーストからサイクリカでホワグリ回され弾丸引けず覇で〆られました。
本選一回戦:白刃鬼
モルトも弾丸も引けなくアポカリが見えたのでファイアファイアウィニー4体の盤面からビートダウンして危うく勝利。
本選二回戦:ドラゴンキューブ
相手事故からキューブで修羅VANまでは良かったもののパンチ時にキューブライゾウされ、盾全パンを強いられる。
ハンドにファイアを残していたのでライゾウからヴィルヘルムが捲れなければ勝ちの場面でしっかりと捲られ1マナ足りず、敗北。
ベスト8でした。

■おやつ関西
一回戦:シュゲモルト
ふじみやさんです。後攻事故ノーブースト、相手ブーストライプラミランダシュゲキリュー。無理です。
二回戦:キューブ
弾丸ぶつけるもののモルトが来ない。そのまま死亡。ボトムに4枚固まってました。泣いた。
三回戦:シュゲモルト
相手事故に対してブースト解体カモンモルト。負けないです。
四回戦:シータ刃鬼
ブースト解体でハンドを見るとゼロカゲがいたので一体目のモルトにガイハートクロスし殴らずエンド。
聖地で一気に巻き返され弾丸狙うものの来ずに盤面にファイアやウィニーを展開、相手ピクライ祝回収返しがミランダ流星で1t貰ってから握っていたモルトにガイハート二枚目で熱血銀河。
リュウセイのタップインを忘れ殴らなくていい場面で殴ってしまうプレミをしたものの返し祝のみ。そのままGTファイア投げて勝ち。
五回戦:キューブ
最速熱血銀河が吸い込むで止められるもののしつこく銀河して勝ち。
本選一回戦:黒緑速攻
こやまっちと対戦。構築段階で切ってましたが先攻貰ってのオチャがハンドにあるのでワンチャン。
バインドから黒クリ二枚撒きバインドパンチにデスゲ、対象取れず+オチャも出せず。この時点で厳しいです。
最終的に6マナ盤面オチャ盾0で相手盤面4体。モルトあれば返せるもののモルトツモれず投了。
相手ハンドはキリンだったのでモルトあっても負けでした。
ベスト16で敗退。


次記事に使用デッキと解説を載せます。
スポンサーサイト
テーマ : デュエルマスターズ    ジャンル : ゲーム
 2014_08_17


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


12  « 2019_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ハメどる

プロフィール

剣崎湊

Author:剣崎湊
デュエルマスターズをやってるふりをしています。

https://twitter.com/Kenzaki__Makoto

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。