FC2ブログ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


DMにおける先攻後攻の差とは

Category: DM  


黒井テンコさん(有頂天のそのまた上から3メートルほど下の場所。管理人)からネタを貰ってから今までウンウン唸っていたのですが、自分なりの回答が出せたと思うので記事にしようと思います。
大体なんでこんなよーわからん記事を書くに至ったのかというと全ては集客のためにあるので、まぁいいや^。^


【はじめに】
今のDMにはいろーんなデッキタイプがあり、まぁ先攻後攻なんざ握るデッキと相手するデッキによって全く違う様相を呈します。速攻であれば相手しようが握ろうが絶対先攻は欲しいでしょうし、ハンデス相手によく言われるのは手札が一枚多い後攻を取りたいといった風潮にあります。そうです、先攻は手札が一枚少なく、後攻は一枚引けるんです。今回はそこらへんに注目していきましょう。

【手札量の差は具体的にどういう影響を及ぼすのか?】
前述の通り後攻は先攻より一枚多い手札からゲームを開始します。この一枚の差は結構大きく例えばハンデス側が後攻だと、相手が手札を切った瞬間にハンデスを叩き込めばランダムハンデスといえども先攻側はかなりの動きを制限されます。つまり先攻側は相手の手札への妨害を念頭に入れたプレイングを要求されます。ここで手札を何故強調したのかはまた後述するとして、後攻側は相手の手札への妨害を手札量を活かしてやりやすいと言えるでしょう。
え?当たり前だって?そうです!当たり前のことなんですね!では次のお話に参りましょう。なんだこの章・・・。

【マナブーストのお話】
さて、ここで一度お話を変えます。といっても関係性はとても深いです。皆さまはマナブーストをどういう風に捉えているでしょうか?今の環境ではマナブーストと手札の関係性は非常に希薄になりつつあると言えます。サイバー・N・ワールドやガチンコルーレット、エナホパンツァーの様にマナブーストを行った後の手札の補充が容易で、今のDMPは覇やローゼスといった重量級カードを紙粘土か何かのように弄くり倒していますがコレ割と最近始まった事なんですよね。
DMの歴史的には、ですけど・・・。

マナブーストは基本的に手札からブーストカードを一枚切って使用します。言い換えれば手札一枚を犠牲にマナを置く回数を増やしている訳ですね。そーだよ。だからなんだよ当たり前の事ばっかじゃんって人、もーちっと耐えて下さい。ここ、非常に重要なんです。先ほどの話と統合すると後攻が手札量多い分マナブーストを打ちやすい、つまり手札量も多くブーストカードも扱いやすい後攻万能イェイ!ってなりそうなもんなんですがそんなこたぁないんです。次に行きましょう。


【先攻が必ず持っていて後攻が不確定でしか手に入らないもの】
結論から言ってしまうと"相手より先に1コスト多いカードをプレイ出来る権利"です。これも考えれば当たり前のことなんですが、その当たり前に気付けるか否かで先攻後攻のメリットの認識の差は大きく広がると言っていいでしょう。当たり前の話を積み重ねて行き着く先が当たり前、というのもシャクな話ですがここが一番重要なポイントと言っていいです。先攻はジャンケンに勝った時点でこれを保持しているのに対し後攻は1マナブーストを打ち、かつ相手がマナブーストを打たない時のみこれを手に入れる事が出来るのです。先攻のマナブーストは手札量的に厳しいですが後攻に2マナ先のカードを使う事が出来るのに後攻のマナブーストは先攻後攻の不確定な入れ替えということになります。そしてマナブーストをする=手札を消費する、ということなので後攻の手札+1のアドバンテージは先攻を取り返す為に消費させられる、と捉えると如何に先攻とは重いものかというのが分かるのではないでしょうか。


【ハンド以外の妨害に関して】
例えば封魔ゴーゴンシャックというカードがあります。このカードを最速で張る、それ以外ノーアクション前提で話をすると、先攻で張るとエナジーライトやゴーストタッチ、フェアリーライフといった緒戦を制する呪文の殆どを遅延させられるのですが、後攻で張ると相手には既に3マナ圏に到達されているので前述の呪文群を打たれている可能性があります。また、マナクライシスやタイムトリッパーといった相手マナに干渉するカードも先攻後攻で強さが段違いに変わってきます。例を挙げるならばギフトミランダ、カモンでの最速勝利流星で、これを先攻最速で決められると後攻はマナブースト込で3マナしかないので回答札が非常に狭く、その三打点を捌く事が出来ずに頓死するといった流れです。つまり手札以外に干渉する妨害要素は先に動ける先攻の方が有利である、ということが言えるのではないのでしょうか。


【結論とか、一例とか】
以上の事から私はDMにおいては後攻のハンドアドバンテージをかき消す、とまではいかないもののそれ以上のものを先攻は有していると思います。ただここに書いたものは私の持論ですので、肯定否定色々な意見が出るかと思いますがまぁ何か無名DMPがわけのわからん理論書いてんなーとでも思っておいて貰えると幸いです。でも、何か感じるものや参考になるものが読者の方々にあったならば執筆者として冥利に尽きます、ハイ。

こういう検証は妨害を絡めた場面、絡めない場面を分けて検証すると分かりやすいです。
一例かつ露骨ですがブーストブーストNの破壊力の検証などは先攻後攻かなり差は出ると思います。
1tの重さや理解を深めたい人は是非是非こういう研究をしていってほしいです。そしてこっそり私に教えて下さい。






スポンサーサイト

テーマ : デュエルマスターズ    ジャンル : ゲーム
 2013_12_26


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


12  « 2019_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ハメどる

プロフィール

剣崎湊

Author:剣崎湊
デュエルマスターズをやってるふりをしています。

https://twitter.com/Kenzaki__Makoto

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。